学校法人 稲置学園 規程集(大学院・大学)

トップページに戻る
最上位 > 第1編 法人 > 第2章 人事・服務
学校法人稲置学園ハラスメントの防止等に関する指針
この指針は、学校法人稲置学園(以下「法人」という。)におけるハラスメントの防止等のために、本法人の職員等(専任、期限付を問わず、本学に就労する全ての役員及び職員並びに委託等契約職員をいう。以下同じ。)、学生等(園児、生徒、学部生、大学院生、研究生、科目等履修生、聴講生、公開講座等の受講生等法人の設置学校に修学する全ての者をいう。以下同じ。)の法人の全ての構成員(以下「構成員」という。)が認識すべき事項について定めるものとする。
なお、構成員が、法人の関係者等(学生等の保護者、取引企業ほか法人と関連のある学外者をいう。以下同じ。)に対してハラスメントをした場合にも、この指針に沿って適切に対処し、関係者等にもこの指針に沿って行動することを求める。
また、法人の構成員が法人の業務や教育・研究に関連して、関係者等からハラスメントを受けた場合にも、この指針に沿って適切に対処する。
 
第1 ハラスメントの防止等のために構成員が認識すべき事項
1 意識の重要性
    ハラスメントをしないようにするために、構成員は他の職員等、学生等及び関係者等と接するに当たり次の事項の重要性について十分認識しなければならない。
(1)お互いの人格を尊重し合うこと
(2)お互いが大切なパートナーであるという意識を持つこと
(3)偏見をなくし、一人ひとりの個性を認め合うこと
2 基本的な心構え 
   構成員は、ハラスメントに関する次の事項について十分認識しなければならない。
(1)ハラスメントの受け止め方には個人間や男女間、その人物の立場等により差があり、ハラスメントに当たるか否かについては、相手の判断が重要であること
 具体的には、次の点について注意する必要がある
① 親しさを表すつもりの言動であったとしても、本人の意図とは関係なく相手を不快にさせてしまう場合があること
② 不快に感じるか否かには個人差があること
③ この程度のことは相手も許容するだろうという勝手な憶測をしないこと
④ 相手との良好な人間関係ができていると勝手な思い込みをしないこと
⑤ 独自の教育・指導の方針があったとしても、感じ方やその効果はそれぞれ異なるので、一つの手法に固執するのは、必ずしも良いとは限らないこと
(2)相手が拒否し、又は嫌がっていることが分かった場合には、同じ言動を決して繰り返さないこと
(3)ハラスメントであるか否かについて、相手からいつも意思表示があるとは限らないこと
  ハラスメントを受けた者が、上司、指導職員等との人間関係を考え、拒否することができないなど、相手からいつも明確な意思表示があるとは限らず、拒否の意思表明ができないことを同意・合意と勘違いしないこと
(4)勤務時間内又は法人内におけるハラスメントにだけ注意するのでは不十分であること
  例えば、職場の人間関係がそのまま持続する歓迎会、酒席等の場においても、ハラスメントとなる行為を行わないこと
3 ハラスメントになり得る言動
    ハラスメントになり得る言動として、例えば、次のようなものがある。これらの言動は、同性間であっても、パソコンや携帯電話等での電子メールの交換や一方的な送り付けであってもハラスメントになり得ることを十分認識すること
(1)セクシュアル・ハラスメントの主な事例
① 性的な関心、欲求に基づくもの
(ア)交際や性的関係を強要すること
(イ)容姿や体型、服装、化粧など身体的特徴を話題にすること
(ウ)性的な噂や卑猥な冗談を交わすこと
(エ)身体や髪、服に不必要に接触すること
(オ)身体を執拗に眺め回すこと
② 性別により差別しようという意識に基づくもの
(ア)「男のくせに根性がない」、「女には仕事を任せられない」、「女性は職場の花でありさえすればいい」などと発言すること
(イ)成人に対して、「男の子」、「女の子」、「僕、坊や、お嬢さん」、「おじさん、おばさん」などと人格を認めないような呼び方をすること
(ウ)女性であるというだけでお茶くみ、掃除、私用等を強要すること
(エ)女性であるというだけの理由で仕事や研究上の実績等を不当に低く評価すること
(2) アカデミック・ハラスメント及びパワーハラスメントの主な事例
① 卒業・進級を妨害するもの(アカデミック・ハラスメントのみ)
(ア)理由を示さずに単位を与えないこと
(イ)卒業、修了の判定基準を恣意的に変更して留年させること
② 研究成果を搾取するもの(アカデミック・ハラスメントのみ)
(ア)加筆訂正したというだけなのに指導教員が第一著者となること
(イ)学生のアイディアを盗用して論文を書くこと
③ 修学・研究・就業を妨害するもの
(ア)文献や機器類を使わせないという手段で遂行を妨害すること
(イ)正当な理由がないのに研究室や執務室への立ち入りを禁止すること
④ 選択権を妨害するもの
(ア)本人の希望に反する研究テーマを押しつけること
(イ)家庭と仕事の二者択一を迫ること
⑤ 指導義務の放棄、指導上の差別をするもの
(ア)「放任主義だ」と言って指導やアドバイスをしないこと
(イ)嫌いなタイプの職員等や学生等に対して指導を拒否したり侮辱的な言葉を言ったりすること
⑥ 精神的虐待をするもの
(ア)「お前は馬鹿だ」(論文や決裁文書を指して)幼稚園児の作文だ。こんなものを見るのは時間の無駄だ」などと発言すること
(イ)些細なミスを大声で叱責すること
⑦ 誹謗中傷するもの
(ア)「あの人は頭がおかしい」「○○学を専攻する者にたいした人はいない」などと発言すること
(イ)職務上知り得た職員等、学生等、関係者等の個人情報を濫用したり、虚偽の噂を流したりすること
⑧ 不適切な環境下での指導を強制するもの
(ア)必要のない徹夜や休日の実験や仕事を強要すること
(イ)他人の目が行き届かない状況で個人指導を行うこと
⑨ 権力を濫用するもの
(ア)研究データや書類のねつ造及び改ざんを強要すること
(イ)常識的に不可能な課題達成を強要すること
(ウ)正当な理由なく特定の職員等に対して、授業を担当させない、仕事を回さないこと
(3) その他のハラスメントの主な事例
① アルコール・ハラスメント
(ア)飲酒を強要したり、一気飲みをさせたりすること
(イ)意図的に酔いつぶすこと
(ウ)酔った上で迷惑な言動をすること
② モラル・ハラスメント
(ア)年齢、身体的特性、家族関係、出身地、国籍、人種、信条その他個人的属性に関して、差別したり排除したりすること
(イ)誹謗中傷する内容の手紙や電子メール等を送りつけること
(ウ)言葉や態度、身振りなどによって、働く人間の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせたりすること
4 懲戒処分
    ハラスメントの態様等によっては信用失墜行為、法人の職員としてふさわしくない非行等に該当して、懲戒処分に付されることがあることを十分認識すること。
 
第2 修学、教育・研究及び就労上の適正な環境を確保するために認識すべき事項
    修学、教育・研究及び就労上の環境は、職員等、学生等及び関係者等の協力の下に形成される部分が大きいことから、ハラスメントにより修学、教育・研究及び就労上の環境が害されることを防ぐため、構成員は、次の事項について積極的に意識するように努めなければならない。
1 ハラスメントについて問題提起をする職員等、学生等及び関係者等をいわゆるトラブルメーカーと見たり、ハラスメントに関する問題を当事者間の個人的な問題として片付けたりせず、法人全体の問題として捉え、修学、教育・研究及び就労上の環境の改善のために必要な行動をとる。
  ミーティングを活用することなどにより解決することができる問題については、問題提起を契機として、修学、教育・研究及び就労上の適正な環境の確保のために皆で取り組むことを日頃から心がけること。
2 ハラスメントに関する問題の加害者や被害者を出さないようにするために、周囲に対する気配りをし、必要な行動をとること。
  具体的には、次の事項について十分留意して必要な行動をとる必要がある。
(1)ハラスメントが見受けられる場合は、注意を促すこと
   ハラスメントを契機として、修学、教育・研究及び就労上の環境に重大な悪影響が生じたりしないうちに、機会をとらえて注意を促すなどの対応をとること
(2)被害を受けていることを見聞きした場合には、声をかけて相談に乗ること
  被害者は「恥ずかしい」、「トラブルメーカーとのレッテルを貼られたくない」、「仕返しが怖い」などの考えから、他の人に対する相談をためらうことがある。被害を深刻にしないように、気が付いたことがあれば、声をかけて気軽に相談に乗ることが大切である。
3 職場においてハラスメントがある場合には、第三者として気持ち良く修学、教育・研究及び就労ができる環境作りをするために上司又は相談員等に相談するなどの方法を取ることをためらわないこと。
 
第3 ハラスメントに起因する問題が生じた場合において構成員に望まれる事項
1 基本的な心構え
  構成員は、ハラスメントを受けた場合にその被害を深刻にしないために、次の事項について認識しておくことが望まれる。
(1)一人で我慢しているだけでは、問題は解決しないこと
  ハラスメントを無視したり、受け流したりしているだけでは、必ずしも状況は改善されないということをまず認識することが大切であること
(2)ハラスメントに対する行動をためらわないこと
  被害を深刻なものにしない、他に被害者を作らない、さらにはハラスメントをなくすことは自分だけの問題ではなく修学、教育・研究及び就労上の適正な環境の形成に重要であるとの考えに立って、勇気を出して行動すること
2 ハラスメントの被害を受けたと思うときに望まれる対応
  構成員は、ハラスメントを受けた場合、次のような行動をとるよう努めることが望まれる。
(1)嫌なことは相手に対して明確に意思表示すること
  ハラスメントに対しては毅然とした態度をとり、はっきりと自分の意思を相手に伝えること
(2)信頼できる人に相談すること
  同僚や友人等身近な信頼できる人に相談したり、そこで解決することが困難な場合には、相談員に相談する。なお、相談するに当たっては、ハラスメントが発生した日時・内容等について記録したり、第三者の証言を得ておくこと
3 ハラスメントの被害を受けているのを見た、知った場合に望まれる対応
(1)相談員に相談するよう勧めること
  本人が相談員に相談することができない場合は、本人の同意を得て代わりに相談員に相談する
(2)被害を最小限にとどめるよう努力すること
  ハラスメント行為をしたとの指摘を受けた者(以下「指摘を受けた者」という。)に対して、当該行為がハラスメントに当たるとして、止めるように注意する。同時に指摘を受けた者の監督者又は設置学校の長等に知らせることで、被害を最小限にとどめるよう努力する
 
第4 ハラスメントに関する相談対応及び問題解決の方策
1 相談対応
  ハラスメントに関する苦情の申出及び相談は、法人又は各設置学校の長が指名した相談員が対応する。
(1)相談者は、実名を秘匿、又は相談及び申立ての際に明らかにした実名の秘匿取扱いを希望することができる
(2)相談は、被害者本人以外の友人等代理人が行うことができる
(3)相談員は、相談者の名誉やプライバシーを守る
(4)相談員は、相談に応じるとともに問題解決に必要な援助や情報を相談者に提供する
(5)相談員は、相談の途中又は最後に相談の内容を復唱するなどして、相談者に確認して書面に記録する
(6)申立ては、相談者本人の責任で行うものであることに留意する
  申立てが行われた後は、申立てに基づき、ハラスメント防止委員会(以下「防止委員会」という。)による当事者及び関係者等に対する調査・調整が行われることや、申立て以降の記録については、訴訟が提起された場合など証拠資料として提出することもあるため、相談者は、そのことを理解した上で、申立てを行うこと
2 問題解決
  ハラスメントに対処するため、法人に防止委員会を設置する。
(1)防止委員会は、相談者が希望した場合、又は防止委員会が必要と認めた場合は、ハラスメント調停委員会を設置し、円満な解決を図る
(2)防止委員会は、必要があると認めた場合は、ハラスメント調査委員会を設置し、事実関係の調査を行う
(3)防止委員会は、前号の調査のほか、緊急避難的に被害者を救済する必要があると判断した場合には、関係部局等と協力して、被害者救済に必要な措置を講じる
(4)防止委員長は、調査結果について、講じた改善措置の内容を含めて相談者に連絡する
(5) 防止委員会は、調査結果を理事長に報告し、また、必要な改善措置を関係部局等の長に要請する
3 プライバシーの厳守と被害者の保護
(1)相談員及び防止委員会委員等相談に携わる者は、関係者等の名誉、プライバシーその他の人格権を侵害することのないよう慎重に行動しなければならない。またその任務遂行上知り得た秘密を漏らすことを厳しく禁止する
(2)防止委員会は、プライバシーを漏洩した者、不利益や二次被害を与えた者がいる場合には、直ちに事実調査を行い、その事実があったときには、厳正な処分を行うよう理事長に報告する
(3)防止委員会は、被害者に対して、心理的なケアが必要であると判断した場合には、直ちに可能な援助を行う
4 指摘を受けた者に対して
  防止委員会は、事実関係を調査した結果、指摘を受けた者によるハラスメントがあったと判断した場合には、その者に対し強く反省を求め、かつ厳正な処分を含めた必要な措置をとるよう理事長に報告する。
5 虚偽の申立ての禁止
  防止委員会は、ハラスメントに関する虚偽の申立てや証言を行った者に対しては、強く反省を求め、かつ、厳正な処分を行うよう理事長に報告する。
6 再発防止
  防止委員会は、ハラスメントが生じたときは、ハラスメントがあってはならない旨の方針及びその行為者については、厳正に対処する旨の方針について、再度周知徹底を図るとともに、事案発生の原因の分析、研修の実施等適切な再発防止策を講じる。
 
付 則
1 この指針は、平成26年7月31日に制定し、平成26年8月1日から施行する。
2 この指針の制定に伴い、学校法人稲置学園セクシュアル・ハラスメントの防止等に関する運用通知及び指針は、平成26年7月31日をもって廃止する。